【お知らせ!】youtubeのチャンネル登録者数が2000人を突破しました!ありがとうございます!

馬と仲良くなる考え方や接し方!触っちゃいけない場所も解説

馬と仲良くなりたいな。でも何を考えてるのかわからないし、どう接すればいいのかもわからない。いきなり触って良いの?噛まない?

そんな疑問にお答えします!

馬と人は仲良くなれますが、接し方にはポイントがありますよ!

MEMO
記事の最後には、同じ内容を解説した動画もあります!youtubeでは、1日1つ、馬の知識を届けてるので、興味がある方は、チャンネル登録をしていただければ幸いです!

馬と接する時のポイントは2つ

馬と接する時のポイントは、大きく分けてこの2つ!

  • 怖い人と思われないようにする事
  • 「この人は良い人だ」と思われるようにする事

同じ内容に思えますが、似ているようで実は違うんですね。

詳しく解説していきます!

怖い人と思われないようにする事

実は、「褒める」とか「餌をあげる」の前に、まずこっちが重要です。

例えば僕たちも、怪しい人に親切にされたところで、「何かあるのかな?」と疑ってしまいますよね?

さらに言えば、そもそも近づかないのではないでしょうか?

まず、本能的に「危ない」と思われないようにする。これが大切になります。

「この人は良い人だ」と思われるようにする事

「無害な人」と思ってもらえた後に気を付けるのがこちらです。

馬が何をされたら嬉しいのか、喜ぶのかを知り、優しく接してあげましょう!

ここで注意しなければいけないのが、「人が良かれと思ってやったことでも、馬にとっては不快なこともある」ということです。

大事なのは「馬がどう思ってるか」です。自分の「やってあげた」という気持ちだけにならないようにしましょうね。

具体的な方法:怖い人と思われないためには

素早く動かない

例えば、あなたは小さな動物や赤ちゃんを可愛がる時、思いっきりガシガシ触りますか?

馬は体が大きく、モフっとした毛が生えている動物。思いっきり抱き着いたり、撫でたりしたくなりますよね。

ですが、ここはグッと我慢して、優しくゆっくり接してあげましょう…!

馬はとても繊細で臆病です。力強く触られると、それだけでドキドキしちゃうんです。

ただ、慣れてくると、こんなことをしても大丈夫になります。

ここまで仲良くなりたいですね!

オーバーなアクションをしない

例えば、怖いお兄さんが、肩を揺らしながら道の真ん中を歩いていたら避けませんか?

馬に限らず、動物は「ボディーランゲージ」で会話できます。

例えゆっくりでも、堂々と身構えたり、肩や手をゆすって体を大きく見せる行為は、馬からしたら威圧的です。

あなたを襲うつもりはないんですよ?と、伝えられるよう、馬の前で大きくは動かないようにしましょう!

直線的な動きをしない

直線的な動きというのは、肉食動物が狙いを定め、まっすぐ獲物に襲い掛かる時の動きです。

例えば馬小屋の扉を開けて、何も伺いを立てず真っすぐ馬に近寄ったり

可愛いのはわかりますが、突然馬めがけてパッと手を伸ばしたりするのは、馬からしたら恐怖です。

僕の経験上、腰が低いくらいの態度が、馬にとってはちょうど良いと思います。

何をするにしても、まずはワンクッション入れて、馬の様子を見てから行動するようにしましょう…!

MEMO
野生の馬同士は、言葉を使わず、立ち方や近づき方などでコミュニケーションをとります。それを人間に応用した「ナチュラルホースマンシップ」という学問があるので、後々解説しますね

嫌な場所に行かない、触らない

人が脇の下を触られたらくすぐったいように、馬にも触られたくない場所があります。

・脇腹、股関節

馬でいう脇腹は「股関節の前」です。馬もくすぐったいみたいですね。

人間が四つん這いになった姿を、馬と重ねるとわかりやすいかもしれません。

・お尻

お尻に関わらず、馬の後方に近づく時は注意が必要です。

なぜなら馬は後ろが見えないからです。これについては、別の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

馬の体の特徴は?耳や鼻の良さ、目の見え方を解説!

目に映らない場所を、違う種族の動物にいじらせるのは、馬でなくとも良い気持ちはしないでしょう。

怖い話、驚いた馬に蹴られる可能性もあります。よほど自信が持てない限り近づかない方が良いと思います。

具体的な方法:良い人だと思ってもらうためには

もちろん褒める

これから触りますよと伝え、撫でてあげる分には、馬は喜びます!

人の頭を撫でる時と一緒で、馬によって気持ち良い加減が違うようですね。馬によっては、そもそも触られたくない馬もいるので注意が必要です。

馬の主張に反応してあげる

僕の経験上、これは結構大切なことでして、

「こっちのこと無視するのに、どうして自分の事ばっかり主張するんだ」となると、馬も人間を無視するみたいです。

例えば「かゆいという主張に気にせず、何も対応しなかった結果、首を振られ続ける」や

「騎乗中、馬の主張に気づけず指示ばかりになり、準備が整わなかった結果、言うことを聞いてもらえない」などですね。

自分の事だけで精一杯になると、こうなってしまうことが多いように思えます。

大事なことは「反応してあげること」。

何を考えてるのか、100%わからなくても良いんです。

赤ちゃんをあやしているのと一緒で、反応する余裕を持って、何か返してあげる。

それだけで、「あぁ、訴えてるのは理解してくれてるのね」と思ってくれますよ。

ただ、何を訴えているのか理解できれば、もちろんそれが一番良いです。

馬の感情表現については、こちらの記事で解説しますね!

馬の感情表現を知ろう!リラックス中や怒ってる時の特徴は?

まとめ:馬と仲良くなるコツは、馬自体を理解し、尊重してあげること

馬と仲良くなるために、気を付けることについてお話してきました!

馬に限らず、人間も含めた全ての動物がそうだと思いますが、

自分じゃない相手と仲良くしたければ、まずは相手を認め、居場所を作ってあげることが大事です!

この人と一緒に居たら楽しいから、面白いからといった、「心地よさ」を与えてあげること。

それがコミュニケーション、更には馬と仲良くなるためのカギになります!

「乗馬はコミュニケーション!」

そんな考えが浸透する馬業界にするのが、僕のやりたいことです。

その為にも、これからもブログや動画で沢山の知識をお話ししていきますね!

また、馬を理解するアドバイスとして、以下の記事も作っています!ぜひご覧ください!

馬の性格の特徴は?大人しくて優しい?それとも怖い?

では、今回はこの辺りで!

お知らせ!

youtubeにて、ホースアカデミアの部員を募集してます!
有料にはなってしまいますが、馬の知識を
さらに深められるサービスです!

興味がある方は、以下の記事をご覧ください!

有料メンバー(部員)のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)